初めての仕事を求人情報から探す


初めての仕事を求人情報から探す

雇用契約と通勤時間

求人情報で大事なポイントになってくるのが、雇用契約の期間です。なんの仕事でもいいと思いつつ、あとから後悔する大事なポイントになってきます。正社員となっている場合には、契約期間はありません。自分の意思や企業の問題などでやめなければならない場合以外は、雇用契約が消滅しません。

契約社員となっている場合には、期間が定められている有期契約になるでしょう。つまり、一定期間がくれば、雇用関係を消滅させることができます。パートやアルバイトの場合には、どちらでもできるようになるため事前に確認が必要です。一般的には有期であると考えればいいでしょう。

勤務地はとても重要な意味があります。求人情報に記載されている場所での勤務になってきますが、転勤が発生することもあるでしょう。企業の規模によっても違いますが、転居しなければいけないようなことも出てきます。生活も大きく変わってくるため、必ず確認が必要です。

こうしたポイントとともに、通うことができるかどうかは、将来的にも大きな影響を与えることになります。わずかな時間だからと思っていても、働き始めたら時間がネックになることは珍しくありません。肉体的に厳しい仕事なのにもかかわらず、1時間も通勤時間をかければ、やめたくもなってくるでしょう。1時間は一日のうちの1/24であり、往復すれば1/12になります。睡眠時間を8時間としたら、1/8を取るのです。8時間働けば、自分の生活時間の1/4を占めることを理解しなければいけません。